探偵で解決できることって何?

愛人調査は浮気調査と同じか

愛人調査とは、例えばあなたの旦那さんが浮気してるかもと思ったときに、愛人が本当にいるのかどうか、またそれはどのような人なのか、を確認するための調査です。
浮気調査や不倫調査と同じと考えていいでしょう。愛人ですから浮気などと違い、とても長く続いている場合も多いです。また愛人は恩恵をうけている場合も多く、生活費などの援助も考えられます。

 

愛人調査を開始するためには、愛人や配偶者との関係をどうしたいのかを心に決める必要があります。配偶者と別れるつもりでおこなうのか、愛人と別れさせたいのか、ただ慰謝料をとるつもりなのか。調査を依頼しようか迷ったら大阪の探偵事務所、日本総合探偵事務所に相談してみては。

 

調査をするには、愛人の名前や写真、住んでいる場所などがわかっているのであれば、提出するとスムーズです。ない場合でも配偶者の尾行などから調査をすればすぐにわかるので大丈夫です。証拠としては、ホテルに入る現場写真などが必要です。

養育費をしっかり受け取る方法

探偵事務所へ相談にくるベスト3に入るのが、養育費に関する問題です。未成年のお子さんをかかえて離婚している状態ですので、生活面での心配が考えられます。

 

お子さんが自立できるようになるまで、家計をサポートすべく最低限の金額を支払う義務があります。養育費に関しては、親権があるなしにかかわらず、家庭裁判所で決めた金額や支払い方法にそって従わなければなりません。しかし、なかには支払うべき当の本人が行方知れずになったり、居場所を隠したりするケースもあるのです。

 

或いは、再婚によって扶養家族が増えたために元の家族に養育費を送れなくなったという場合もあります。いずれにしても、本人の所在をはっきりして連絡を取ることが先決ですので、このような場合に探偵事務所が活躍するわけです。居所や連絡がつけば、あとは養育費の請求をします。

 

もしも支払いを怠れば、裁判所から差し押さえである直接強制や養育費以外にペナルティを課す間接強制などが行われます。調停・審判、離婚訴訟の判決や和解で了承しているのですから、まして、子供の肉親でもあるわけですから支払いは怠らないようにすべきなのです。

 

防御策としては、離婚するときに、きちんと強制執行認諾約款付の公正証書を作成しておきましょう。いざというときには、差し押さえも可能だからです。給与から天引きすることも可能ですが、サラリーマンでなく無職になってしまった場合には払ってもらえないケースもあります。